カンボジアの技能実習生の事前研修について

カンボジアの技能実習生を企業が受け入れる前には、実習生は事前の日本語研修などが必要となります。この研修も、専門の人材派遣会社がサポートしてくれるので、企業側が独自に行うことはありません。

日本では、カンボジアの技能実習生だけでなく、他の外国人技能実習生も多く学んでいます。

カンボジアの技能実習生のための情報を提供するサイトです。

しかし、実際の研修現場では様々な問題があります。


その問題の多くは、雇用主と実習生のコミュニケーション不足です。

コミュニケーションがとれない原因には、やはり日本語の能力が不足していることにあります。
企業の生産活動を円滑にし、生産性を高めつつ、実習生の研修意欲も高めて、確実に技術や知識を学んでいくためには日本語教育の研修は欠かせません。



専門の人材派遣会社では、研修のために日本人教師、カンボジア日本語教師などを雇って、約半年ぐらい日本語教育を行っています。



実際に実習生が現場に行っても、日本語で苦労することなく効率よく技能を習得するためには欠かせません。
日本語の研修では、読む、書く、話す、聞くを総合的に学んでいきます。

また、効果的で安全に技能実習生活を送るために必要な、コミュニケーション能力の習得も行います。他にも、職業訓練と研修先で使うことが多い日本語や、技能実習生制度の説明、トピックに関する応用会話なども教えていきます。


これ以外にも、日本文化や日本社会に馴染むためのイベントを行い、学生同士で話し合う場を設置して、文化の多様性や個別性に対して学習してもらいます。
テーマには、食事や公共機関の交通ルール、地震や仕事など様々です。