カンボジアの技能実習生の送り出しについて

カンボジアの技能実習生を受け入れるときには、専門の機関に依頼して企業によって最適な人材を手配してくれるように依頼する必要があります。
カンボジアの技能実習生として送り出しが可能な職種は決まっていて、一定期間の実習を経てから、産業での技能などを修得することが出来て、単純な反復作業でないことです。
また、2年目の技能実習2号に移行できる対象職種や作業は、職業能力開発促進法に基づいた技能検定の職種、作業とJITCO認定による公的評価システムに基づいた職業や作業で、合計68職種126作業となっています。最初に、技能実習生を受け入れたいことを専門の機関に問い合わせします。

その後、専門の機関が候補者の募集や資格要件の確認、職歴や家族、健康状態や犯罪歴、海外不在滞在歴の調査などを行って審査をします。

審査のあと、候補者の中から書類選考と面接で選びます。

カンボジアの技能実習生情報が手に入ります。

専門の機関が必要書類を作成して翻訳してくれるので、それを確認します。


日本に実際に来る前には、事前の研修が行われます。
提携先の日本語学校の教育カリキュラムでは、日本語教育や文化、規律やマナーなどを教えます。
それから、入国管理局で入国許可認定証明書取得し、カンボジアの日本大使館でビザ申請をします。



研修を終えて必要書類がそろったあと、受け入れ先である企業へ送り出されます。

勿論、送り出したあとも専門の機関が、企業や実習生の元を訪問して、相談やトラブルなどを解決支援してサポートしてくれます。
また、受け入れ先の企業の研修が終わった後も、実習生の帰国の手続きや家族などへの連絡、復職の支援など帰国したあとのサポートも充実しているので安心して依頼することが出来ます。