カンボジアの技能実習生

以前私の知人の会社にカンボジアの技能実習生がいました。

法律の関係のせいなのか2年間の技能実習でした。工場で旋盤加工をしていたのですが2名いる実習生とも覚えがとても速かったのです。

旋盤加工にはボタンが沢山ある機械を何機も使います。
それを一週間余りで覚えました。
母国語がカンボジア語でしたが英語が話せる方達でした。
今は海外で働きたい方が沢山おり勉強熱心な方は英語を学ぶ時間に日々を費やすのだそうです。


私は英語はしゃべれませんでが、他の国の方達とも英語で話されておりました。


現地ではアメリカで働きたいと言う方が最近は少数ですが出てきていると話していました。

母国で友人の3分の2は将来海外で働きたいとのこと。

カンボジアの技能実習生に関するマニアックな情報をお届けします。

さらに海外で働きたいという方たちのほとんどが、働きに行った国に永住したいという話をしていると聞きました。



現地で学べることが少なく、海外の方が給料もよく治安もいいのだそうです。



そしてカンボジアの技能実習生は生活態度がとても良いです。

他の留学生、特に中国の技能実習生は食べ物などが散らかっているのに対し、カンボジアの実習生はきちんと片づけています。カンボジアでは小さい時にご両親から生活のルールについて厳しくしつけをされるそうです。

各家庭によって違うかもしれませんが最初に長男、長女が教わり彼らが弟たちにも同じことを教えるそうです。

ですので大人になってもきちんと躾のついた大人になる方が多いとのことです。